健康を守る漢方薬を追及する
 百花園漢方薬局
 TEL 072-833-4967
 ホーム  薬局概要 商品一覧  アクセス
 特定商取引  注文方法 お問合わせ サイトマップ


女性の病気の漢方薬

商品詳細は各漢方薬名を選択してください。ご使用の前に、必ず添付文書をお読みください。
 女性の病気 商品名
冷え・のぼせ・便秘型 冷えのぼせ、便秘ぎみの女性の頭痛、肩こり、習慣性便秘、血の道、シミ、高血圧症などに。 桃核承気湯
下腹部の炎症・便秘型 下腹部の炎症(腫脹、疼痛、発熱)、化膿、便秘に。痔、肛門周囲炎、子宮内炎症、乳腺炎、前立腺炎などに。 大黄牡丹皮湯
おりもの・尿のにご おりもの、下半身の炎症による陰部湿疹(外陰膣カンジダ症)、外陰掻痒症、膣炎、バルトリン腺炎、トリコモナス、膀胱炎に。 竜胆瀉肝湯
萎縮・炎症型 閉経後にみられる老人性膣炎。膣乾燥症にも用います。 竜胆瀉肝湯
カユミ型(1) 陰部や肛門周囲の痒みに。 消風参
カユミ型(2) 消風散で効果がない場合(消風散+乙字湯)。 乙字湯
冷え・のぼせ中間型 冷えのぼせぎみの女性の頭痛、肩こり、月経不順、月経痛、子宮筋腫、子宮内膜炎、慢性病の体質改善に。 桂枝茯苓丸
のぼせ・めまい型(1) のぼせ、めまい感、頭痛、不眠、いらいら、肩こり、ゆううつ感、胸苦しい、目のかすみ、しびれ、元気がないなどを訴える更年期や産後の諸神経症に。 女神散
ジツボンS
イライラ・気疲れ型 気疲れ、イライラして肩こり、頭痛、頭のふらつき、冷えのぼせ、シミ、動悸、目の疲れなどを訴える自律神経失調症、更年期障害の女性の病気に。
加味逍遥散
月経痛 月経困難症、子宮内膜症で痛みが強く鎮痛剤を必要とされる女性の病気に。 折衝飲
貧血・冷え症型(1) 貧血様で冷えやすい、肩こり、頭痛、月経痛、顔や手足のむくみ、耳鳴り、めまい、生理不順、シミ、子宮筋腫子宮内膜症の女性の病気に。 当帰芍薬散
芎帰調血飲第一加減
貧血・冷え症型(2) 上記の症状で、皮膚や口唇が乾燥する女性。月経不順、帯下、不正性器出血、更年期障害、自律神経失調症、子宮発育不全、不妊症、手湿疹などに用います。 温経湯
冷え症型(3) 腰から下が冷える、痛む、水の中に座っているような感じ、重だるいなどの病気(症状)に。きゅう帰調血飲第一加減、温経湯などと併用します。 苓姜朮甘湯
乳腺炎 発熱、悪寒、乳房の発赤、腫脹、疼痛などの初期の病気(症状)に荊防敗毒散を用います。小柴胡湯+葛根湯でも有効です。
化膿性炎症には桔梗石膏を併用します。
十味敗毒湯
乳腺症(1) 乳腺内にシコリがある時に用います。
きゅう帰調血飲第一加減または桂枝茯苓丸+当帰芍薬散を用います。
芎帰調血飲第一加減
桂枝茯苓丸
当帰芍薬散
乳腺症(2) 月経前に乳房が張り、痛む場合に用います。 加味逍遥散
産後の諸症状 産後のおりもの、頭痛、肩こり、めまい、イライラ、育児ノイローゼ、乳不足などの諸症状に。産後に母体の回復を目的に服用します。 芎帰調血飲第一加減
乳汁不足 乳腺の発育はよく乳房は脹るが、乳汁が出なくて肩がこるときに用います。 葛根湯
妊娠中(1) 妊娠浮腫、腹痛、習慣性流産などの妊娠中に服用する漢方薬です。当帰芍薬散+香散蘇として服用します。 当帰芍薬散
香蘇散
妊娠中(2) 妊娠嘔吐(つわり)に頓服として用います。。悪心・嘔吐が強い場合は冷やして少量ずつ服用します。 小半夏加茯苓湯
乾姜人参半夏丸
妊娠中(3) つわりで唾液が口にたまるときに(唾液分泌過多)。 人参湯
妊娠中(5) 感冒による咳。参蘇飲だけでは止まりにくいときに併用する(参蘇飲+麦門冬湯)。 麦門冬湯
参蘇飲
妊娠中(6) 感冒で浮腫があるとき(参蘇飲+当帰芍薬散)。 当帰芍薬散
参蘇飲

←ホーム ←製品紹介 注文方法→