健康を守る漢方薬を追及する
 百花園漢方薬局
 TEL 072-833-4967
 ホーム  薬局概要 商品一覧  アクセス
 特定商取引  注文方法 お問合わせ サイトマップ


アトピー性皮膚炎の漢方治療

成長とともに軽くなり、自然に治っていく子供もあります。しかし、成長とともに悪くなる子供が増えています。悪いときだけ副腎皮質ホルモン剤の軟膏を塗るといった皮膚科的治療だけで治るのなら、なにも漢方薬を服用する必要はなくなります。
アトピー性皮膚炎の治療は、その正しい知識を身につけることが治療の第一歩です。

アトピー性皮膚炎の特長とは

アトピー性皮膚炎はかぶれ(接触皮膚炎)や湿疹とは異なり、「アトピー素因」という親からうけついだ体質によっておこる皮膚疾患です。
例えば、お祖父さんの喘息、お祖母さんのアレルギー性鼻炎、兄のじん麻疹などは一連のものです。
多くは乳児期に発病し、幼小児期から、ときに思春期~成人期まで続きます。また、いったん治り、数年~数十年後に再発する場合もあります。
多くは年齢に応じて特有の病状がみられます。
乳児期では、頭や顔に赤み、ぶつぶつ、かさぶたなどができ、湿潤(ジクジク)傾向を示し、痒みが強く次第に体にもひろがっていきます。
幼小児期では、とくに肘や膝の曲がった内側、顔、頚などの皮膚が硬くざらざら、かさかさし、乾燥傾向が強くなります。
思春期~成人期では、主として顔面などの上半身に皮疹が現れ、一般的に難治性、再発性が強く、皮膚科的治療の難しい例が多いのも特徴です。
季節的に症状の悪化・軽快を繰り返すことが多く、特に春先に悪化する例が最も多みられます。
気道アトピー(喘息・アレルギー性鼻炎)を合併する例がみられ、年齢とともに増加しています。
尋常性魚鱗癬(さめ肌)を合併する例もよくみられます。冬季に全身の皮膚が強く乾燥します。

食餌などの日常生活の注意とは

ある限られたアトピー性皮膚炎では、食物アレルギー(卵、牛乳、大豆、肉類)が病因と考えられるものもありますが、一般的にはこれらの食餌を除去しても良くなりません。
成長期に食餌をあまり制限するのは問題がありますが「甘い物」と「肉類」を過剰に長期間とっていますと、内因的に皮膚炎を悪化させることになります。
入浴は自由にして身体を清潔にして下さい。汗、アカ、フケは痒みを増強し、皮膚炎を悪化させ、細菌(トビヒ、毛包炎等)、真菌(水虫、カンジダ症)、ウィルス(水イボ、カポジー水痘様発疹症)などの二次感染をおこし易くします。石けんは普通(牛乳石けんの赤箱等)のものを使用し、皮疹部も清潔(ゴシゴシ強くこすらないよう)にして下さい。
部屋はよくそうじしてホコリをできるだけなくし、風通しをよくして下さい。肌着は木綿がよく、羊毛製品、合成繊維製品は痒みを増強します。犬、ネコ、鳥などのペットはなるべく飼わないほうがよいでしょう。
精神的ストレスは特に症状を悪化させます。思い切った気分転換を心がけて下さい。 

アトピー性皮膚炎の治療

外因の治療-皮膚科的治療
副腎皮質ホルモン剤の外用(使い方と注意事項はこちら必ずお読み下さい)、抗ヒスタミン剤の内服により、まず第一に痒みを出来るだけ楽にすること、そして皮膚炎が悪くならないようにコントロールすることです。
外用剤等の副作用にいたずらに神経質になるのは、皮膚炎を安定状態に調節出来ないばかりでなく、治療期間を引き延ばす結果になります。
内因の治療-漢方薬の内服
体質・年齢を問わずに、カサカサタイプ、ジクジクタイプいずれも補中益気湯「ほちゅうえっきとう」を基本とした漢方薬(症状により加減)を内服します。
これが皮膚炎をたちまち良くするものではありませんが、まず痒みが早く楽になっていきます。しかも、外用剤の副作用を軽減し、その使用量を減らすことが出来るようになります。
関連製品-スキンケア
 外用剤
  サンホワイト-白色ワセリンを精製した高品質の保湿剤 (製品はこちら)
  モイスポリア-手荒れ予防のハンドガード (製品はこちら)

 無理な生活、無理な治療をしてませんか?

無理な生活とは、不規則な生活(特に睡眠不足)、暴飲暴食や偏った食生活そして風呂にあまりはいらないための皮膚の不衛生な状態です。
無理な治療とは、食餌制限のし過ぎ、再現性の不確かな高価な健康食品の類そして遠距離の治療による疲労などです。
無理からくる精神的な疲労やストレスは症状を悪化させるだけです。もう一度今の生活を見直してみてください。 

←ホーム ←製品紹介 ステロイド外用剤→ ↑UP