健康を守る漢方薬を追及する
 百花園漢方薬局
 TEL 072-833-4967
 ホーム  薬局概要 商品一覧  アクセス
 特定商取引  注文方法 お問合わせ サイトマップ

慢性中耳炎の漢方治療

中耳炎(慢性化膿性)について
(原因)
中耳炎が慢性化するにはいくつかの原因があります。
(1)急性(化膿性)中耳炎の治療を放置したり、不十分のまま中断または中止してしまった場合。
(2)中耳炎になり易い体質(風邪を引くと必ず中耳炎を併発する)や副鼻腔炎(蓄膿症)を罹患している場合。
(3)起炎菌の毒性が強い場合。
(4)抵抗力が弱っている場合。
(5)側頭骨の蜂巣粘膜が肥厚し、肉芽が増生している場合。など
(症状)
(1)鼓膜が必ず穿孔します。また、耳茸を認める場合があります。
(2)少量の粘液性または粘液膿性の耳漏を持続することが多くみられます。
(3)難聴、耳鳴りが多くみられます。
(4)年余にわたって続くことがあります。
(耳鼻科の治療)
抗生物質の内服と抗生物質、ステロイド剤の点耳、耳浴、鼓室内注入などが繁用されます。長期間の治療が必要ですが、それらが実際には十分な効果が得られないこと、副作用などの問題があります。
中耳炎の漢方治療
慢性化した中耳炎の治療は長期戦を覚悟しなければなりません。漢方による治療は、副作用を心配せずに長期間服用できること、耳鼻科では治療のしようがない中耳炎になり易い体質、抵抗力の低下に対する治療が出来ることが最大の利点です。

a.慢性中耳炎で再発を繰り返す場合
             
  柴胡清肝湯又は荊芥連翹湯
柴胡清肝散 荊芥連翹湯
b.慢性で鼓膜が穿孔し、薄い耳漏が止まらない場合。

  黄耆建中湯
黄耆建中湯
c.慢性で鼓膜が穿孔し、炎症症状があって耳漏がある場合

  ①小柴胡湯+桔梗石膏
  ②小柴胡湯+柴胡清肝湯又は荊芥連翹湯
小柴胡湯 桔梗石膏
柴胡清肝散 荊芥連翹湯

←ホーム ←製品紹介 ←滲出性中耳炎 注文方法→