健康を守る漢方薬を追及する
 百花園漢方薬局
 TEL 072-833-4967
 ホーム  薬局概要 商品一覧  アクセス
 特定商取引  注文方法 お問合わせ サイトマップ

潰瘍性大腸炎の漢方治療

 
潰瘍性大腸炎クローン病とともに粘血下痢を主訴とする消化管の慢性非特異性炎症性疾患で、再発・再燃を長期にわたり繰り返す難治性の疾患です。
以前は日本では非常に稀な疾患と考えられていましたが、戦後の食生活が欧米風になるとともに他の大腸疾患と同様に増加の傾向がみられるようです。そして、水素添加硬化脂肪(マーガリン、食用脂肪、ショートニング)の消費量の多少と相関しているともいわれています。
潰瘍性大腸炎は再発・再燃増悪期を除くと、ほとんどの例が外来通院でコントロールが可能とされています。そして再発寛解型、慢性持続型はサルファ剤(サラゾピリン、ペンタサ)が第一選択薬として用いられていますが、ここでは漢方による治療法を解説いたします。

潰瘍性大腸炎の漢方治療

慢性的に反復することが多い潰瘍出血などの出血性疾患の原因をお血と考え、ベースに活血化お薬(桃仁、紅花、川キュウ、丹参、益母草、牛膝、延胡索など)と理気薬(香附子、木香、枳実など)の「きゅう帰調血飲第一加減」を用います。そして、慢性持続型には「托裏消毒飲」を、寛解型には「千金内托散」を合方します。
[漢方処方]
A.慢性持続型 キュウ帰調血飲第一加減+托裏消毒飲または竜胆瀉肝湯
 (きゅう帰調血飲第一加減)
 当帰 川キュウ 地黄 白朮 茯苓 陳皮 烏薬 香附子 牡丹皮 益母草 大棗 乾姜 甘草 芍薬 桃仁 紅花 牛膝 枳実 木香 延胡索 桂皮
 (托裏消毒飲)
 当帰 川キュウ 白シ 桔梗 皀角 陳皮 黄耆 金銀花 人参 白朮 茯苓 防風 厚朴
B.寛解型 キュウ帰調血飲第一加減+千金内托散
 (きゅう帰調血飲第一加減)
 同上
 (千金内托散) 
 人参 当帰 黄耆 川キュウ 防風 桔梗 厚朴 桂皮 白シ 甘草
[服用方法]
A、Bいずれも上記生薬を配合した煎じ薬を用います。

←ホーム ←製品紹介 注文方法→