健康を守る漢方薬を追及する
 百花園漢方薬局
 TEL 072-833-4967
 ホーム  薬局概要 商品一覧  アクセス
 特定商取引  注文方法 お問合わせ サイトマップ

膝関節水腫、変形性膝関節症の漢方治療と予防

変形性膝関節症は加齢、外傷、代謝異常など、何らかの要因により関節軟骨に傷害をおこし、関節の痛み、変形、運動制限を主な特徴とした疾患です。そして進行例では二次的な炎症症状として関節の水腫(膝に関節液がたまる)をおこします。
関節液は一旦貯まると頑固でなかなか消退しないことが多く、ある程度以上たまると腫れと痛みを伴なうようになり、整形では穿刺して関節液を抜きます。
漢方薬はこの関節液をたまらなくすることができます。その漢方治療法と予防法を解説します。

膝関節水腫の漢方治療
炎症をともなう場合
 炎症はともなう場合とは次のようにして判断します。
 (1)患部が赤く腫れ、手をあてると熱感をみとめる。
 (2)冷やすと良く、温めると悪くなる。
 A)発赤、腫れ、熱感があって水がたまる場合ー越婢加朮湯
 第一選択薬として繁用します。
 B)越婢加朮湯で水が消退しにくい場合ー九味檳榔湯を併用

炎症をみとめない場合
 A)発赤、熱感がなくて水がたまる場合ー防已黄耆湯
 B)防已黄耆湯で水が消退しにくい場合ー九味擯榔湯単独または防已黄耆湯と併用
 C)下肢が冷えると悪化する場合ー真武湯

越婢加朮湯 サンワロンS
越婢加朮湯 サンワロンS

変形性膝関節症の漢方治療と予防

膝の変形、腫れ、痛み、重だるい、しびれなどの症状
 ベースに竜胆瀉肝湯を使用し、体質、症状により下記の漢方薬を併用します。
 A)寒冷の影響が見られない場合ー六味丸
 B)寒冷の影響が強い場合ー八味丸(商品ジンエイト)
 C)湿気や寒冷の影響が強い場合ー真武湯

←ホーム ←製品紹介 注文方法→