健康を守る漢方薬を追及する
 百花園漢方薬局
 TEL 072-833-4967
 ホーム  薬局概要 商品一覧  アクセス
 特定商取引  注文方法 お問合わせ サイトマップ

帯状疱疹後神経痛の漢方治療

帯状疱疹や単純ヘルペスはアシクロビルなどの抗ウイルス剤の登場で治療期間の短縮が出来るようになりました。
帯状疱疹は、疼痛を伴う場合がありますが、一般には予後のよい疾患で、その大部分は皮疹が軽快すると同時に疼痛も消失します。しかし、とくに高齢者では皮疹が治った後にも痛みが残り、長い期間にわたって頑固な神経痛に悩まされることがあります。この帯状疱疹後の神経痛は鎮痛剤があまり有効に作用しません。そこで漢方による治療法を解説します。

帯状疱疹の漢方

帯状疱疹は、前触れの症状として神経の分布した範囲に知覚異常や神経痛様の痛みがおこります。数日後に浮腫性の紅斑が表れ、丘疹、小水疱、膿疱になって拡がり、2週間前後で乾燥して結痂して治ります。
漢方薬は帯状疱疹の症状の時期に応じて次のような処方を使用します。
 黄連解毒湯、越婢加朮湯、温清飲、竜胆瀉肝湯
神経痛の痛み
 麻黄附子細辛湯(+桂枝湯、五積散)または桂枝加朮附湯
神経痛の予防
 桂枝茯苓丸(+大黄)、通導散、桃核承気湯または大黄牡丹皮湯

帯状疱疹後の神経痛の漢方

炎症の有無により使い分けします。
炎症がある場合は(1)+(2)+(3)
 (1)温清飲または竜胆瀉肝湯
 (2)桂枝茯苓丸、桂枝茯苓丸加大黄、桃核承気湯または大黄牡丹皮湯
 (3)麻黄附子細辛湯または桂枝加朮附湯
炎症がない場合は(1)+(2)
 (1)キュウ帰調血飲第一加減、桂枝茯苓丸、桂枝茯苓丸加大黄
 (2)麻黄附子細辛湯または桂枝加朮附湯
外用
 帯状疱疹はお血による痛みです。紫雲膏は塗る駆お血剤です。

←ホーム ←製品紹介 注文方法→