健康を守る漢方薬を追及する
 百花園漢方薬局
 TEL 072-833-4967
 ホーム  薬局概要 商品一覧  アクセス
 特定商取引  注文方法 お問合わせ サイトマップ

膀胱機能障害の漢方治療

頻尿、残尿感などの膀胱炎の症状があって、尿に異常を認められない、いわゆる膀胱神経症と、軽い尿のもれ、失禁、尿が出しぶる、尿に勢いがない、排尿に時間がかるなどの老化による機能低下に対する漢方の効果的な治療法を解説します。

(A)膀胱機能の緊張亢進型(膀胱神経症)
心因性が強い場合は緊張や痙攣を緩める漢方薬を使用します。また、寒冷の作用を受け、冷えると悪化する場合は体を温めて緊張を緩める漢方薬を使用します。
心因性が強い場合
 加味逍遥散
冷えると悪くなる場合
 桂枝加芍薬湯
新陳代謝機能の低下の場合
 サンワロンS(真武湯)

(B)膀胱機能の緊張低下型(老化現象)
老化による反射や神経機能の低下を高めるとともに、筋力の低下による機能低下を補う漢方薬を併用します。
神経機能の低下
 八味地黄丸
筋力等の機能低下
 補中益気湯

←ホーム ←製品紹介 注文方法→