健康を守る漢方薬を追及する
 百花園漢方薬局
 TEL 072-833-4967
 ホーム  薬局概要 商品一覧  アクセス
 特定商取引  注文方法 お問合わせ サイトマップ

じんま疹(蕁麻疹)の漢方治療

じんま疹の原因は多様ですが、その症状は局所に限定した発赤、痒みを伴った膨疹(皮膚の浮腫)で、普通は1~数時間で改善されます。そして、じんま疹の症状が1回~数日で消失するものを急性型、1ヶ月以上続くものを慢性型と分類されています。ここでは、じんま疹の症状別、原因別に漢方の治療法を解説します。

 じんま疹の漢方治療

じんま疹のほとんどは消風散を基本にします。まずはファーストチョイスの処方薬としてよいでしょう。
(1) 熱性の強い場合(発赤、熱感、浮腫が強い場合)
急性・慢性型いずれのじんま疹も下記の処方でほとんど改善されます。温熱じんま疹、日光じんま疹、コリン性じんま疹(精神的ストレスによる)いずれも最初に試用してみるべき処方です。
消風散+越婢加朮湯
(2) 特に熱性の強い場合
発赤、熱感が強く、上記の処方で改善しにくい場合に使用します。日光じんま疹によく使用します。日光皮膚炎は黄連解毒湯です。
消風散+越婢加朮湯+黄連解毒湯
(3) 食餌性じんま疹
食餌(牛乳、卵、青魚、えび、かに、貝、里芋など)がアレルゲンと考えられる場合に使用します。
大柴胡湯または小柴胡湯+茵チン蒿湯
(4) 薬物性じんま疹
薬剤(抗生物質など)がアレルゲンと考えられる場合に使用します。重症例はステロイドに併用します。
消風散+越婢加朮湯
(5) 心因性(コリン性)じんま疹
精神的緊張・イライラ、疲労などのストレスにより発症する場合に使用します。
加味逍遥散
(6) 寒冷じんま疹
寒気の影響で発症する場合に使用します。
麻黄附子細辛湯または、
桂麻各半湯(桂枝湯+麻黄湯)
(7) 慢性じんま疹
上記の消風散+越婢加朮湯を基本にしますが、本剤で改善しにくい場合または原因が分からない場合は以下の処方を長服します。
防風通聖散または、
荊防敗毒散

←ホーム ←製品紹介 注文方法→