健康を守る漢方薬を追及する
 百花園漢方薬局
 TEL 072-833-4967
 ホーム  薬局概要 商品一覧  アクセス
 特定商取引  注文方法 お問合わせ サイトマップ

過敏性腸症候群の漢方治療

 過敏性腸症候群とは

大腸の運動、緊張、分泌の機能(働き)が亢進した結果、便秘や下痢などの便通異常、腹痛、腹部不快感、ガス排出などを特徴とする大腸の機能障害です。
過敏性大腸症候群の病因は次のような要因とされていますが、多くは職場、学校、家庭などからくる心理的要因(ストレス)が占めています。
 *神経症的な性格
 *大腸の自立神経失調
 *特定の食物(冷たいもの、揚げもの、アルコール類)
 *暴飲暴食
 *不規則な食習慣
 *過労、体の冷え
 *下剤の乱用 


 過敏性腸症候群の症状

便通異常(便秘、下痢、便秘・下痢交替)と腹痛などの消化器症状です。
(1)便秘
 痙攣性便秘で、兎糞状や細い便のことが多く、便意が強く、残便感、腹痛、腹部膨満感、腹鳴を伴うことが多いです。
 腹痛の特徴は、排便前におこり、排便、排ガス後は楽になります。
(2)下痢
 軟便、泥状便、水様便とさまざまです。腹鳴(ゴロゴロ、グルグル)を伴うことが多く、腹痛はあまりありません。
(3)便秘・下痢交替
 上記の便秘と下痢が交互におこるタイプです。
(4)粘液
 下痢の程度が強く、腹痛とともに粘液が混じる(血液、膿は混じらない)タイプです。


 過敏性腸症候群の漢方治療

 便秘、下痢両タイプに用いられる漢方薬は有効かつ安心して服用できます。
 A.便秘(痙攣性)タイプ(商品)
 (1)寒症タイプー桂枝加芍薬湯
   お腹が冷えて、温めると楽になるタイプです。
 (2)精神的ストレスタイプー加味逍遥散、四逆散
   緊張、不安、イライラ、怒りなどの精神的ストレスが多いと考えられるタイプです。
 B.下痢(神経性)タイプ(商品)
 (1)軟便、泥状便で軽症のタイプー半夏瀉心湯
 (2)水様便のタイプー半夏瀉心湯)+五苓散

←ホーム ←製品紹介 ←胃腸の病気 注文方法 → ↑UP